ツバメノート

 ツバメノート【東京都


世界の巨匠・黒澤明監督も愛したツバメノート。
昭和22年の創業以来、ずっと変らない重厚感のある表紙のデザインがトレードマークです。

ツバメノートは紙の上でスルスルとペンが走る、書き心地の良さが人気の理由。
にじまず、ツルツルしすぎず、ザラザラしない「フルース紙」という筆記用では最高級の紙が使用されています。
紙の色も、蛍光染料が使われていないので白すぎず目にやさしい自然な色。一度使ってみればその良さに気づいていただけるはずです。

クラシックな大学ノート、立罫ノート、白無地ノート、方眼ノート、メモなどなど種類もサイズも豊富に取り揃えています。




▲左から大学ノート、方眼ノート、禁断の黒表紙デザインのノート




▲上にのっている方眼ノートのマス目は、2名の職人の手でしか作り出せない技が詰まっている




▲使い方無限大の白無地ノート




▲B5判の設計ノート。左ページはスケールバー、右ページは4.55mm方眼




▲『天才バカボン』とのコラボレーションノート