<予告>瀬戸本業窯の器

瀬戸本業窯の器

会期:2019/2/1(金)〜2/28(木)

 

 

愛知県瀬戸市にある瀬戸焼の窯元 「瀬戸本業窯」

 

日常の生活道具である器や瓶(かめ)、手水鉢(ちょうずばち)などを作ることを生業(なりわい)にして、現在まで約300年もその技を受け継ぎ、守りぬいています。

家庭はもちろん、料理人からも絶大な支持を受ける瀬戸本業窯の器をご紹介します。

 

瀬戸本業窯についての詳しいおはなし

 

 

 

 

瀬戸本業窯が作るのは、日常で使いやすい素朴な温かみのある器です。

美術品ではなく毎日使ってこその器。

お料理を盛付けたときに器の味わい深い良さがわかります。

 

 

器は全て自然界にある材料を用いる昔ながらの方法にこだわり、釉薬作りまで全て自分たちで行っています。

 

さまざまなデザインのある瀬戸本業窯の器ですが、料理を盛りつけたときにその良さに気づくはず……
どんな料理をのせても、料理が本当に美味しく見えるんです。
器の重さも、重すぎず、軽すぎず、ちょうど使いやすい重さ。
「用の美」という言葉が本当に似合います。

ぜひ使ってみて、その良さを実感してください。

 

 

 


瀬戸本業窯

http://www.seto-hongyo.jp