ホーム > 日々想うこと

日々想うこと

rss
神楽坂プリュスのコーディネーターである安が日々想うこと、仕事や仲間のこと
感じることなどを綴ります。

件数:43

シャ豚ブリアンの”テールラーメン”

今日のランチは路地にあるシャ豚ブリアンへ・・

 

ラーメン屋さんのラーメンを超えるラーメン。

スープが抜群に美味しい。麺は平打ち太ちぢれ麺でスープに絡んでこれまた美味しい。

スープを全部飲み干せるほど濃くのあるラーメンです。

 

締めにスープの中に白ごはんを入れて、スープ飯として食べるのが最高だと思います。

シャ豚ブリアン テールラーメン ¥850+税

 

コロナの影響で神楽坂のお店も休業や閉店が・・・
大好きなお店がなくなってしまうのは本当に悲しい。

応援の気持ちも込めて、できるだけお弁当を買ったり食べに行ったりする毎日です。

 

今日は 膳楽房で坦々麺。

麺は里麺か卵麺 どちらかを選べます。
今日は卵麺。

上品な辛さ。ナッツが大きめに砕かれていてそこも好きです。

 

 

 

昨年の販売の分析をやっています。

それを元に、来年の販売について考えています。

 

日々ぼわんと頭で考えるところから、うん!これだと行動に移すまでにもしかしたら結構時間かかっているのかも。
無意識のうちに常に考えているのだと思うのですが、無意識なのでその時間がどのくらいかわからないのですが
これ!と決まる瞬間があるのは、きっと考えに考えたから出る答えだと思うことがあります。

 

 

今年も頑張ります。

 

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

 

今年はもっと動いていこうと思っています。

そんなとき・・・

年越しのメッセージが 久留米 まるは油脂 三代目重右エ門さんから届きました。

 

『コロナ禍ではありますが、ZOOMを使って神楽坂と久留米の職人さんで何かやりましょう!という楽しいお誘いがありました。』

 

『はい是非』

 

言霊なのかな〜
今年はどんどん動きます。

どんな出会いがあるか楽しみ。

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

今日、星の動きが変わるそうです。
先日見たセブンルールでTO DOリストを書くこと。
夜寝る前に今日の出来事を書き出して、頭を空っぽにして寝る。

今日から私もマネしてみることにします。


今日はプリュスの仕事は個別休だったので、まずTO DO リストを書くのに良いかなーと何年かぶりにほぼ日の手帳を買うことにしました。

東京諸島アンテナショップが吉祥寺にオープンしたのでそのショップに行くために、吉祥寺へ。

久しぶりの吉祥寺は沢山の人で、新しいお店もあって、刺激的でした。
中通りはザ雑貨屋というお店もあって、吉祥寺らしいお店がたくさん。ウィンドウ越しに職業柄、品揃えをチェック。
やはりコロナの影響かテナント募集の貼り紙もちらほら。

ロフトで手帳を購入して、肉のさとうの列がいつもより短かったので、初めて並んでメンチと牛串を買いました。夕飯用。
美味しかったです。

吉祥寺アトレの2階フロアと食品フロアをざっーと見て、帰途につきました。

中通りの古食器のお店で立ち止まり
ちょっと前から考えている印判手の食器を、やっぱりやりたいなー

神楽坂のお客様に 「龍公亭の特選冷やし中華」食べたことありますか?

と聞かれて、「ないです」と答えたら、是非食べて欲しい!と熱く言われたので

これは是非とも食べに行かねば・・・

 

町の中華屋産の冷やし中華とは別物です。

お酢が柔らかく、優しいのです。
てっぺんにあるフルーツ 何だかわかりますか?

桃かな?

何とこれ、枇杷なんですよ。

面と具材とタレのバランスが最高。

若女将のはなちゃんが、タレはあやめ寿司の名残の製法だと教えてくれました。

さすが、100年以上の歴史の龍公亭。

私は龍公亭でよくいただくのが、実は あやめそば。

これも1Fがあやめ寿司 2Fが龍公亭という時代の歴史から由来する商品名です。

 

この特選冷やし中華 今シーズンはいつまで?と聞いたら、はなちゃんがみんな聞くんですけど

もうしばらくはありますよ〜と。気になる方は、是非お早めに龍公亭へ・・・

 

神楽坂のとあるギャラリーのマダムに勧められて、神楽坂下の膳楽房の新しいお店”智林”に。

大久保通りの消防署の前、昔フレンチダイニングがあったところです。

開放的なお店でありながら、シックな内装です。

 

ランチコースは前菜・今日の一品(この日はささげの炒め物)・麺か炒飯を選べます。

私は里麺をチョイス。

 

 

街の中華とは違って、上品なお料理です。味もしつこくなく薄味でもなく、とっても美味しい。

前菜のクラゲのプリプリ!鴨のローストを甜麺醤で。お料理、一品一品が味がかぶることなく考え尽くされている。

神楽坂在住のグラフィックデザイナー えびちゃんも膳楽房をお勧めしていて、私は初膳楽房&智林だったのですが、みんながお勧めする
理由がよくわかるおいしさです。

単品で炒飯や坦々麺などもあるので、また食べにいきたいと思います。

5年目の想い

今年はコロナ禍で想像もしていない状況が続き、気がつけば一年も半分を過ぎてしまいました。

毎日毎日コロナ対策やその中での仕事と暮らしに追われているような気がします。
そんな中、プリュスは5周年を迎えました。

 

緊急事態宣言中、時短営業でお店を開けておりましたが、地元のお客さまがお買い物にいらして下さり
ありがたい、感謝の気持ちで一杯でした。
stayhome ということで、お店に行けないからと電話でご注文くださる御贔屓筋の方もいらしゃいました。
こんな中でお客様の声が聞けて、お互い頑張りましょうねとエールの交換ができたりして、プリュスとお客様の
信頼関係が構築できていることが何よりもうれしかったです。

商売の基本 人が全てだなと・・・

 

5周年を迎え、初心と基本を忘れずお店を経営していこうと思います。

 

人と人
人とモノ
人と街

を繋ぐ神楽坂プリュス

 

更に素敵なお店になるようにがんばります。

蒸し暑い日に是非おすすめしたい“山椒香るトマト坦々麺”

 

サンショのピリッとした風味に完熟トマトの優しいスープ。
麺は細めでスープとよく絡み、ピリッうまい!
レモンがいい脇役の仕事をしています。

ラーメンだけど野菜たっぷりな感じで、女性が大好きだと思います。
季節限定なので、今しか食べられないお勧めのラーメンです。

 

 

神楽坂の路地を一歩入った兵庫横丁にある”かずまラーメン”

実はここ、お魚とお野菜がおいしい”ちょい干してっぺい”がお昼だけラーメン屋をやっています。

コロナ対策でお店の中もソーシャルディスタンスの配置。

 

ちょい干してっぺい/かずまラーメン

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目2−30