> お店のこと

お店のこと

rss
お店のNEWS、新商品の入荷情報、イベント情報などをUPしています

件数:186

 

\かき氷 ◆ 5月10日(水)だけの限定開催!/

 

5月に入り、暑い暑いと半袖でご来店いただくお客様もちらほら。

そこで……

 

 

 

信州から取り寄せた果実シロップをかけて、かき氷を販売します!

味は、いちご・ブルーベリー・生姜・りんご・アプリコット・抹茶の6種。

20食限定で、無くなり次第終了です。

 

 

 

昔ながらの昭和レトロなかき氷器でお作りしますよ!

夏をちょっぴり先取りしにいらしてくださいね。

 

 

 

ついに!

 

神楽坂の逸品 神楽坂プリュス オリジナルの「本染めの手拭い」 が完成しました!

 

 

 

 

 

 

神楽坂プリュスでいつもお世話になっている

神楽坂在住の書楽家時間 安田有吾さんに作っていただいた 「神楽坂プリュス 本染めの手拭い」

有吾さんの「かぐらざか」の文字がデザインされた、プリュス オリジナルの手ぬぐいです。

 

 

 

色は2色。



 

 

 

 

 

 

 

 

赤 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総柄なので、たたんでも、巻いても、柄が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝統的な江戸の本染めです。
はじめは色落ちします。
他のものと一緒に洗うと 色移りしてしまう可能性があります。

手拭いだけを水でジャブジャブと洗って パンパンと水を切って
シワをちょっと伸ばして 直射日光を当てずに干してください。

末永くよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階に移転オープンする5月中頃の発売予定だったのですが

 

 

先行発売の希望が多く、販売を開始いたしました!

 

 

プリュスの店舗と、ネットショップでお取り扱い中です。

 

 

プリュスでしか買えない、安田有吾さんの神楽坂の逸品。 ぜひ手に入れてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

毎月恒例 eden 楠の木に描く日本画と自家焙煎珈琲

 

 

今回は新しい草木のデザインも新登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も毎日お世話になっている備長炭。

 

炊飯器に入れて炊くと、ご飯がふっくら美味しくなります。

 

ウチではそのまま、おひつにも入れて保管。湿度を保ってくれて、一石二鳥です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花のはしおきもあり、春っぽいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のcafe   デザートは ヨーグルトオレンジムースです。   おいしそう!

 

 

 

 

 

来月は1階にお店が移転オープンしますが、移転前さいごにもedenさんに出店していただきます!

 

次回は5月14日(日)の出店です。  お忘れなく!

 

 

 

 

 

 

 

今日は、毎月恒例! アデリースタジオさんの自家製天然酵母パン がきています。

 

 

 

 

 

 

ファンの多い、ずっしり食べ応えのあるハードなパン

 

 

 

 

 

 

定番人気のスコーン

 

 

 

 

 

 

 

いつも すぐになくなってしまうベーグル

 

 

 

 

 

 

おやつに・おつまみにどっちもおいしい 酵母を作る時のレーズンを使った クラッカー&クッキー

 

 

 

 

 

 

朝のたくさん揃ってる時に写真を撮り忘れてしまい…

 

今日はお昼すぎにはもう売れてしまって、テーブルは少しさびしい状態になってしまいました。

 

回を重ねるごとにファンが着実に増えていってます。

 

毎回、注文のお客さまも スタッフのお取り置きもたくさん!

 

 

いちど食べると、このしっかり小麦の風味がして、小麦と塩だけなのに味のするパンにやみつきになってしまいます。

 

5月は1回お休みして、  次回は6月3日(土)の出店です!

 

 

毎年、初夏から秋口まで、毎週お野菜を届けてくれる

 

シュトラ農園さんから 山菜がたくさん届きました!

 

 

 

 

 

 

 

これはまだまだ一部。

 

 

 

 

 

 

 

菜の花みたいなのはおひたしに。

 

 

サッと茹でて

 

 

 

 

 

キュッとしめて

 

 

 

 

 

緑がさえます!

 

 

 

 

春の味。おいしくいただきました。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

グアテマラの七色の手仕事  SABASABA  本日より始まりました。  5月1日までの開催です!

 

 

 

ラテンアメリカの中米に位置するマヤの国、グアテマラ。

 

グアテマラの豊かな自然環境に彩られ、七色に織りなされた手仕事のことを ”グアテマラ・レインボー” と呼ばれています。

 

 

 

SABASABAさんは、このグアテマラ・レインボーを 現地の先住民と共に、技術を継承しつつ更に発展させ、

 

作り手、使い手、そして地球環境を配慮した製品をお届けするとともに

 

地球との新しい共存の道を提案し、実現しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回はたくさんお持ちいただいております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的にはこのクラッチがめちゃくちゃ好みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそくプレゼントを選ばれているお客さまもいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SABASABAをはじめるきっかけとなった、今では珍しく貴重なポンチョも展示

 

 

 

 

 

近くで見ると、その細やかさに驚きます。

 

 

 

 

 

 

5月1日まで開催してます!

 

 

ぜひ近くで、手にとってみてください。

 

 

 

先日 Fruity Table さんのフルーツカットアート教室が開催されました。

 

始まると、お店中フルーツの甘い香りに包まれます。

 

エレベーターで上がって来られたお客さまも、この香りに誘われて「なんだろう?」と覗いていきます。

 

 

今回 出来上がったフルーツカットの作品はこちらです。

 

 

 

 

ブラッドオレンジの太陽に、イチゴのバラ!

 

今回のブルーベリーはとても大きくて、甘くって。

 

おすそ分けでいただいたフルーツはひょいパク!ひょいパク!と数分でなくなってしまいました。

 

来月も楽しみです。

 

 

以前よりお伝えしておりました 神楽坂プリュス オリジナルのTシャツが完成いたしました!

 

 

 

神楽坂在住の書楽家 安田有吾さんにデザインしていただいたTシャツです。

 

紺と白

 

着た感じはこんな感じ

 

 

 

 

 

womens Msize

 

 

 

 

 

 

 

 

womens Lsize

 

 

 

 

 

 

 

前は無地で、後ろの首元に「かぐらざか」のロゴ

 

ロゴは、紺のTシャツにはうっすらベージュ  白のTシャツには紺で ロゴの配置にもこだわっています。

 

女の人の髪が、かかるか、かからないか。この微妙な位置が有吾さんのこだわりです。

 

 

 

 

 

 

サイズは womens M,L       mens M,L の4サイズ

 

モデルは紺がMサイズ、白がLサイズを着用しています。 

 

二人とも小柄なので、参考にしづらいかとは思いますが… 二人とも身長150cm前後で、普段の服のサイズはMサイズを着ています。

 

こちらの写真は womens Tシャツです。

 

首の開き具合が mens よりも少し広くなっています。 mens の写真も近いうちに載せますね。

 

 

 

 

 

こちらのTシャツは、1Fに移転後の発売となります。ご予約も受付中です。

 

とってもかわいいTシャツに仕上がって、大満足! スタッフみんなお気に入りです。 

 

1Fのオープンの時に、スタッフみんなで着て お客さまをお迎えすることになっていて、今から楽しみです!

 

 

 

 

3月からお取り扱いが始まった 「高田耕造商店」 棕櫚たわし

 

棕櫚のたわし はじめて聞いた方も、愛用してるっていう方も、棕櫚じゃないとイヤって方もいると思います。

 

 

 

 

 

棕櫚(しゅろ)たわし とはなんでしょう? 

 

みなさんが「たわし」と聞いて思い浮かべるたわしのイメージは固くて、ちょっと痛いようなのを思い描くと思います。

 

その固くて、しっかりしたたわしはパームヤシの繊維を束ねたたわしです。

 

一方で、同じヤシ科であり 昔ながらの棕櫚で作ったたわしは、柔らかくてコシが強い、やさしいたわしです。

 

 

 

 

棕櫚は日本で古くから人々の生活に寄り添ってきた素材で、そのしなやかでやさしい質感はガラスやテフロンなどのお掃除にもぴったり。

 

 

洗い物に使うときは、軽い油汚れ程度であれば、水やお湯だけでも棕櫚の持つしなやかな繊維が汚れを掻きだしてくれます。

 

力を入れずに軽く。その方が汚れもとれやすく、たわしも長持ちします。

 

 

 

 

 

お野菜を洗う時には、パームのたわしでは、皮の表面の栄養のある部分までもこそぎ落としてしまいますが、

 

棕櫚だと、土だけを落とすことができ、皮の栄養もお料理と一緒にいただけます。

 

プロの料理人は棕櫚を愛用している人が多いのだとか。

 

 

 

そのほかにも、入浴時にマッサージブラシとしてお使いいただくこともできるなど、棕櫚製品ならではのいろいろな使い道があります。

 

 

 

 

そんな棕櫚のたわしを手巻きで、ひとつひとつ手作りしているのが 和歌山県 海南市にある「高田耕造商店」です。

 

その昔、棕櫚は紀州(和歌山)の重要な産物でしたが、現在では紀州産の棕櫚はほとんど採取されていません。

 

安い輸入品の棕櫚やパームヤシなどの代替品にとって代わられ、需要は極端に減少していき、手入れされた棕櫚山が少なくなっていき

 

採取する職人さんも今では数えるほどしか残っていないのです。

 

高田耕造商店の紀州野上谷産棕櫚束子は、究極の手触りを求めた結果、その貴重な紀州産の棕櫚皮のうちの僅か15パーセントだけを厳選使用しています。

 

一本の棕櫚の木から一年に採取できる棕櫚皮はわずか十枚。

 

そこから厳選に厳選を重ね、最高級の棕櫚皮だけを使用したところ、三本の棕櫚の木からひとつ作れるかどうかという、大変貴重なたわしとなってしまったそうです。



自信を持って最高級と謳う高田耕造商店自慢の逸品。その圧倒的な本物感と使い心地は他とは全然違います。

 

 

 

いろいろな形をご用意してるので、用途に合わせて選んでくださいね。

 

 

 

 高田耕造商店 棕櫚たわし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついつい買っちゃうおやつとして定番人気のもの

 

四万十産 米粉と 国産小麦粉でできた自然仕立ての かりんとう 40010(しまんとう)

 

神楽坂プリュスのオンラインショップで販売開始いたしました!

 

 

 

東京中目黒の野菜スイーツ専門店『パティスリー ポタジエ』の柿沢安耶シェフがプロデュース。

 

南国高知の太陽を浴びて育ったお米と

 

国産小麦粉をベースに清流「四万十川」地域の自慢の味を素朴なかりんとうに仕立てました。

 

 

 

 

 

高知県黒潮町産サトウキビから作った蜜糖「ぼか」の自然な甘さと、やさしいコク プレーンかりんとう

 

 

 

 

 

 

 

高知県の豊かな土壌が育む 香り高いしょうがの風味がすっきりした味わいの しょうがかりんとう

 

 

 

 

 

 

四万十川産の天然青のりをふんだんに練りこんだ 豊かな香りと風味 青のりかりんとう

 

 

 

 

 

 

土佐の老舗醤油店のだし醤油を使った カツオと昆布の旨味と一味唐辛子でピリっと後を引く だし醤油かりんとう

 

 

 

 

 

 

生産全国シェア約40%を占める高知県産ゆずの香りが爽やかで上品な ゆずかりんとう

 

 

 

 

 

 四万十産玉ねぎを練りこんだ 甘さとコクがかむほどに広がる たまねぎかりんとう

 

 

 

全部で6種類。

 

 

 素材の美味しさが引き立つ

 

四万十生まれの、ちょっと贅沢なかりんとうです。

 

 

ネットショップ お取り扱いページ

http://kagurazakaplus.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2281984&csid=3