> お店のこと

お店のこと

rss
お店のNEWS、新商品の入荷情報、イベント情報などをUPしています

件数:175

 

国産ドライフルーツでおなじみのドリームファーマーズさんの工房へ、先日、行ってまいりました。
場所は、大分県宇佐市安心院。

 

“安心院” ←この地名、なんて読むかご存知ですか?

 

ご存知の方はかなりの大分ツウですね!

 

よく、“あんしんいん”と間違われることが多いですが、
正解は、“あじむ”と読みます。

 

安心院は緑豊かな山々に囲まれた盆地で、朝夕と昼の寒暖差が激しいため、早春の頃には朝霧が立ち込める風光明媚な景色が見られることでも有名です。
そんな気候を活かしたブドウの栽培が盛んに行われており、巨峰やピオーネなどをはじめとする美味しいブドウが食べられます。

 

山梨のブドウが主流の関東では、大分のブドウにピンとこない方も多いと思いますが、九州・大分にもブドウの名産地があるんです。

 

 

ずーーっと奥まで広がる、ブドウの木!

 

こちらがドリームファーマーズの代表・宮田さんのブドウ園です。

 

 

近年、絶大な人気を誇るシャインマスカットも栽培されています。

 

 

 

宮田さんが育てるシャインマスカットの特徴は、「種があること」。
より自然な種入りの品種にこだわって栽培されているそうです。

 

種無しのブドウは、そもそもそういう品種という訳ではなく、
ジベレリンという薬品を使うことで種無しのブドウに育ちます。
ジベレリンを使うと種なしブドウになり、さらに果実が大きく育つというメリットもある反面、
その分、味がかすかに薄くなってしまうというデメリットもあるんです。

 

だから、宮田さんが作る種ありの自然なブドウは味が濃厚で、ブドウ本来の味を堪能することができます。

 

 

 

国産ドライフルーツを製造している工房も見せていただきました!

 

 

 

こちらは、運ばれてきた果物の汚れなどを洗い流す、洗浄スペースです。

 

この左奥に加工場があるそうなのですが、ちょうど作業中で残念ながら見学はできず。。

 

というのも、衛生面にも細心の注意を払って製造を行っているため、
ここから先に入るには防塵服を着用し、清潔な状態にならなければ入室はできません。

 

ちなみに、この洗浄スペースに入るにも靴を履き替えました。

 

 

そういった徹底した衛生管理のもと製造されている国産ドライフルーツがこちら。

 

シャインマスカットやピオーネ、ミカンなど全8種あります。

 

生のブドウが食べられるのは時期が限られてしまうため、
1年中いつでも味わってもらえるようにという想いから生まれた国産ドライフルーツ。

 

甘みがぎゅっと凝縮されていて、一粒でかなりの満足感があります。

 

 

ショップのお隣には、おしゃれなカフェもありました。

 

 

ここで、バニラソフトに、100%巨峰ジュースとグラノーラを添えたぶどうソフトをご馳走に!

 

濃厚で爽やかな酸味のある巨峰ジュースがバニラソフトの甘さとマッチして美味しかったです。

 

 

 

 

最後に、ぶどう畑の絶景を背に、宮田さんのメッセージを撮るプリュスの安のオフショット。

 

宮田さんのメッセージは下記URL、プリュスのインスタからどうぞ!
https://www.instagram.com/p/BYxhIKzBqy6/?taken-by=kagurazakaplus

 

 

今回見学させていただいたブドウ畑は、観光ブドウ園なのでブドウ狩りの営業もされています。
(ドリームファーマーズさんの工房の裏にあります。)

 

10月上旬頃まではブドウがあるので、
国産ドライフルーツを食べて、大分・安心院のブドウに、そしてドリームファーマーズさんに
興味を持っていただいた方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?


国産ドライフルーツはプリュスのお店はもちろん、ネットショップでもお取り扱いしていますので、
ぜひ味わってみてくださいね!

 

ネットショップでのご購入は▼こちら▼から

http://kagurazakaplus.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2281984&csid=2

 

 

 

FGSさんのPOP-UP STOREがオープンしています! 

 

 

 

 

 

 

個性的で品質の良い毛糸たち。

 

 

 

手にとって、ゆっくりじっくり見ていただけるようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットショップではすぐに完売してしまうという、バッグも豊富に揃っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏と表で表情がこんなに変わります。

 

手に持った時はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいい動物の刺繍のグッズもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カシミヤ100%のグローブ

 

 

 

 

 

明日(9/17)は靴下を編むワークショップも開催されます。

まだ少しご予約に余裕があるようです!

 

毛糸だけでなく、ニットの小物も豊富に揃っていますので、ぜひ遊びに来てくださいね。

 

 

 

 

 

 

神楽坂おかみさん会主催の「神楽坂今昔物語」がプリュスの2階で行なわれました。

 

 

 

 

神楽坂おかみさん会とは

 

神楽坂文化振興倶楽部の通称で、牛込・神楽坂で生業を営む12名の女性たちが作る会。

2016夏 新旧交代が著しい現状を憂い、神楽坂の文化度を上げる活動をしようと発足しました。

 

 

 

 

 

 

 

会場には続々とお客さまがお越しくださって、臨時の椅子も出て満員に!

 

龍公亭の公子さんのご挨拶から始まります。

 

 

 

 

 

 

神楽坂に生まれ育った作家の竹田真砂子さんをお迎えし、

神楽坂の今と昔を楽しくお話ししていただきました。

 

 

 

竹田真砂子さんはとても素敵な方で

 

お話しに聞き入っているうちにあっという間に時間になりました。

第2回、3回と続くといいな。

 

 

最後には、サインにも快く応じてくださいました。

 

 

 

 

 

次回のおかみさん会主催のイベントは、前回とても好評だった落語会。

 

詳細が決まり次第、すぐにお知らせいたします。

 

 

 

だしソムリエの石丸由美子先生に教えていただく、お出汁のワークショップがありました。

 

 

「ききだし」から始まったワークショッップ。

 

 

昆布だし、かつおだし、だしの素。

どれが何かはふせて、みなさんに質問するところからワークショップは始まります。

 

今回使用する昆布とかつおぶしは、九州「尾道屋」さんのもの。プリュスでお取り扱い中です。

 

 

 

 

 

 

 

お出汁のかなめ「かつおぶし」になる部分をマグロのお人形「解体くん」を使って説明してくれる先生。

 

楽しく・わかりやすく、和気あいあいとした和やかなムードでお話は進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昆布やかつおぶしの種類・その産地やそれぞれの特徴についてのお話がおわると、いよいよ出汁をとります。

 

 

 

 

 

 

ふわっといれて、あわてず、さわらず、しばし待ちます。

 

今回は料亭のようなお出汁を目指します!

 

お出汁のいい香りが空間いっぱいに広がり出来上がったお出汁は、きらきら透きとおって琥珀色。

 

そのまま飲んでみて、お塩をほんの少し入れたのと、お醤油を1滴垂らしたのとを飲み比べます。

 

 

 

 

 

最後はだしがらのいろんな活用法まで教えていただき、今回のワークショップはおしまいです。

 

1時間盛りだくさんに、あっという間のお時間でした!

 

 

 

 

 

 

自分でとった無添加お出汁は栄養価が高く、お野菜をくたくた煮れば離乳食にも。

 

最後までおりこうさんだったお子さまも、ばっちり試飲していて、にこにこ笑顔でした! 

 

 

 

 

だしソムリエでありながら 、国際中医師・国際薬膳調理師でもある石丸先生のワークショップ

 

次回は11月と12月に開催予定です。

 

詳細は決まり次第、ホームページにアップしますね。

 

 

 

 

なんだか朝・晩は少し肌寒くなってきましたね。

 

プリュスでは、慌てて靴下を買い足すお客様や、6重ガーゼのブランケットがよく動くようになってきています。

 

 

新しく入荷した、キッチンのあったかアイテムたちも

 

入荷してすぐにお客さまのおうちに旅立っていってます。

 

 

 

 

 

お弁当派の方に、オススメのフードジャー。

 

 

 

 

 

業務用鍋やフライパンなどに使用されている、高耐久性フッ素を内面に塗布してあり、

汚れや匂い移りがしにくいので、スープやごはんの繊細な味や香りをお楽しみいただけます。

 

 

 

 

 

 

真空2層構造になっていて、保冷&保温もしっかり。

 

その保温力は95℃でふたをすれば、6時間後まで56℃に保ってくれます!

 

電子レンジのない職場や、これから増えるピクニックや運動会などのレジャーに持ってくのにもぴったり。

 

 

 

ランチトートに収まるサイズ感もいいですよね。 

 

 

 

 

 

 

波佐見焼のかわいいマグ

 

 

 

 少し珍しい形は、人間工学に基づいてつくられた、ユニバーサルデザイン。

 

持ち手のところを持つだけでなく、

おばあちゃんや、ちからの弱い方が、湯のみのように手で包み込んで持った時も安定して持てるようになっています。

 

 

 

 

そしてなんといっても嬉しいのは スタッキングできること!

 

 

 

マグって重ねられなくて食器棚の中でなかなか幅をとるんですよね。

 

それがこのマグならMAXで4つくらいまでなら、ふせて重ねられそう(個人的見解)

 

そろそろ頻繁に登場しそうなマグ

ちょっと洗ってふせておくのに、かさばらないのは嬉しいですね。

 

 

 

 

こころがあったまりそうなぽち袋たち。

 

 

 

 

ほんのひとこと、添えてあるだけで気持ちが伝わりますよね。

 

ちょっと笑ってもらえそうな おめでたいモチーフもかわいいです。

 

 

 

 

 

 

そんなふうに ちょっとあったまれそうなものを集めていたら、

 

今日は久しぶりにお日さまがでて、ちょっと暑い。

 

 

 

こんなこともあります。

 

 

 

これが便利ですよ。

 

水出し茶に使える、HARIOのボトル。 

 

 

 

ふたのところにフィルター(茶漉し)が付いていて、茶葉をこのボトルにそのまま入れるだけ!

茶葉が全体に広がるので、お茶の香りと旨味がしっかり抽出できます。

 

プリュスでお取り扱い中の 静岡・左京園さんのお茶なら、2〜3分待つとすぐに飲めてしまいます。

あたりまえですが、ペットボトルのお茶とは全然美味しさが違います。

 

 

どれも家事の手間をとらせない、便利でかわいいアイテムたちです。

 

 

イベントや1DAY SHOP、POP UP STOREなど、9月の催しをまとめたチラシができました。

 

>>PDFはこちらから

 

今月は本当に、ユニークな企画が目白押しです!

ぜひご覧いただき、気になるイベントにご参加くださいね。

ご予約も受付開始しております!

 

■「2F イベント(体験・教室含む)」の詳細は下記よりご覧いただけます

http://www.kagurazakaplus.jp/menu

 

■「1F 1DAY SHOP、POP-UP STORE」の詳細は下記よりご覧いただけます

http://www.kagurazakaplus.jp/photo

 

■「かぐらざか 手づくりいち」の出展者様の情報は下記よりご覧いただけます

http://www.kagurazakaplus.jp/page/31

 

 

 

 

9月に入り、商品が入れ替わって新しい商品が入ってきました。

 

 

「水清らか 川内村」

 

 

川内村は阿武隈山系に位置する 水と緑豊かな山村です。

「水清らか 川内村」ブランド商品は、あぶくま高原から流れる清流が育んだ食材を丹精込めて丁寧に加工した食品です。

 

 

 

 

川内村の清流の上流にいる「いわな」は川魚の中では幻の魚と言われているそうで、

 

上流の方にしかいないので 川魚特有のくさみが少ないのが特徴です。

 

その「いわな」を美味しくスモークしたものや、アヒージョ

 

ご飯にのっけて美味しい味噌や

 

血圧を安定させる効果のあるルチンを豊富に含んだ だったんそばなど

 

川内村でつくられる美味しいものがたくさん来ています。

 

 

 

 

 

 

プリュスでは2階にあった時から出店していただいていたSABASABAさん 

 

 

秋から活躍しそうなバッグはグアテマラのスカートの生地でできていて

革の部分は栃木レザーを使用し、ひとつひとつ日本の工房で丁寧に縫われています。

 

 

 

 

プレゼントにもぴったりなポーチの生地はヴィンテージのポンチョを使用

 

 

 

 

 

グアテマラのおじさんがしっかり編んだ、カゴやコースター

 

 

 

 

カラフルな小物がいっぱいです!

 

10月21日(土)と22(日)は2階のイベントスペースで 『グアテマラ・コーヒーと七色の手仕事展』の開催も決定しているSABASABAさん。

 

千葉の珈琲やさん 抱/HUG(ハグ)さんと一緒に、

自家焙煎のコーヒーを楽しみながら、たくさんのSABASABAさんのアイテムを展示販売します。

1階には並びきらない、人気のストールなども販売予定。 SABASABAファンの方は必見ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

須藤 吉徳  銅板の花器

 

 

 

 

 

鋳造暦40年の作家 須藤 吉徳さんの花器

 

本来の鋳金とは素材も性質も違う銅板に挑戦し、ありそうで無かった硬い素材が生み出すやわらかい形が、

和室にも洋室にも上質な雰囲気をもたらします。

 

 

銅の板を折ったり、曲げたりして作られている花器はシンプルながらも存在感があり、

 

機能も使いやすさもよく考えられています。

 

 

 

 

本物の石のような、鋳物の花器

 

 

 

 

 

 

爪楊枝1本分の大きさの穴に一輪、お花を生ける 不思議で驚きのある花器です。

 

どれも、なかなか手にはいらない花器ですが今回 須藤さんにお願いして準備していただきました。

 

 

 

 

 

 

お隣には、根強い人気の林工芸の「かみのかびん」もディスプレイ中です。

 

 

 

 

 

 

どれも期間限定のお品です。

 

作品は一点一点少しずつ違うので、お目当てのものはお早めに!

 

再入荷&新入荷商品のおしらせです。

 

萩原農園の豆菓子

 

プリュスでファンの多い萩原農園の豆菓子が再入荷しています。

 

 

 

 

萩原農園さんは、大自然に囲まれた豊かな土壌で、大豆を一粒一粒大切に育てています。


大豆そのものの味を引き立たせる為に、味付けは最小限にしていて
素朴ななかでも奥深い、大豆そのままの味は、さまざまな飲み物の"おつまみ"として最適です。

 

 

 

紅茶・コーヒー・緑茶

 

ビール・日本酒・赤ワイン・白ワイン  それぞれのおともに。 ミックスしても美味しい。

 

 

 

 

 

 

 

お肌のこと・使いやすさのことを考えて作られた七色石鹸

 

その中でも、日常使いやギフトに人気の 「ママと赤ちゃんのお肌のせっけん」

 

お客様からのご要望が多かった詰替用が新登場。

 

「ママと赤ちゃんのお肌のせっけん」 は、石鹸ベースでできた泡タイプのお風呂せっけんです。

片手で使えて、泡ぎれもよくお肌に残らないし、せっけんベースでお肌に優しく安心です。

 

 

 

 

 

 

 

他にも、台所用のせっけんや、ハーブのお洗濯用せっけんも詰替用のご用意があります。

 

詰替用ならお試し気分で1度 使ってみるのもいいですね。

 

本日8月24日は、初開催!やまがた直送の夏野菜販売会を開催中です!

 

 

朝からとれたて夏野菜が届き、ずらっと並んでいます。

 

 

 

 

うすかわ丸ナスが山形の在来野菜。

 

 

 

 

お漬物にして、パリッと美味しい。

 

 

 

 

 

すでにお漬物になってるものも販売されています!

 

 

 

 

 

こんな昭和レトロなパッケージのものを発見! かわいいですね〜

 

 

 

土作くんは、黒米です。いつものご飯に混ぜて。

 

 

 

 

まだ並びきっていないところから、人がわぁ〜っときて、あっという間に人だかりに!

 

 

 

 

 

本日のみの限定販売です!お散歩の帰りに寄ってくださいね。