> かぐらざかいろは

かぐらざかいろは

rss
神楽坂のこと、神楽坂のお店のこと、神楽坂で働く人のこと
“神楽坂” にまつわるあれこれをご紹介しています

件数:47

毘沙門様の境内の藤棚が見頃です。

 

 

今年もGWは多くの方が神楽坂に・・・

プリュスも連日多くのお客様で賑わっております。

 

 

もうしばらくお天気も良いみたいなので、神楽坂散歩にいらしてください。

 

神楽坂には銭湯が3つあります。

熱海湯・第3玉の湯・竹の湯

 

熱海湯は小栗横丁にあって テレビのロケにも登場したりします。

この横丁にはイタリアンバルや小料理屋など小さくて美味しいお店があります。

熱海湯の前の八百屋さんには神楽坂の住民はもちろんレストランのシェフも買いにきます。

 

落語の寄席が終わると落語家さんが一風呂浴びて、その後近くのお店でビールでキュ〜〜といっぱい

なんてこともあるみたいですよ。

昭和の風情残る銭湯巡りも粋ですね。

 

プリュスの御向かいに ”むらむすび”ができました。

 

 

秋田・東成瀬村のアンテナショップ。

秋田の海の幸・山の幸・お米のおにぎりなど美味しいものがいただけるお店です。

このお店は神楽坂の仲良し 佐藤くんのプロデュース。

お店で使うグラス プリュスの木村硝子店のワイングラスなどを使ってくれています。

昨日OPEN

今夜もすでに満席です。

 

 

いぶりがっこやおにぎり 食べたいです。

 

むらむすび

 

 

神楽坂下の 明治17年創業の翁庵

東京らしいそばつゆの美味しいお蕎麦やさんです。

 

その翁庵が5,15,25日の5の付く日はなんと、カツ蕎麦が500円というサービスをやっているのをご存知ですか?

サラーリーマンであっという間に席は埋まり、売り切れの5の日です。

(知るひとぞ知るなのか、私も神楽坂の友達に教えてもらいました)

 

カツ蕎麦

 

薄めのカツに蕎麦つゆがジュンと浸みていて、ちょっとクセになる美味しさです。

ぜひ5の付く日はカツ蕎麦を・・・

 

神楽坂マダム御用達の店 矢来町の老舗ブティック”アトリエドンナ”(矢来能楽堂の近く)

神楽坂に住んでいるマダムたちに人気のショップです。

そこのマダムがプリュスでよくお買い物をしてくださいます。

おしゃべりも楽しく、うちのスタッフたちとも仲良し。

 

マダムが台湾へ旅に・・・

どうぞ召し上がれ!

お土産にマダムが本当に美味しいという”パイナップルケーキ”と”ヌガー”をいただきました。

 

マダムが言う通り本当に美味しい!

パイナップルの味がさっぱりとしていて

今まで食べたパイナップルケーキとお味が違います。

 

 

台湾で素敵な刺繍の絵を購入してきたそうで、今度見せてくださるそうです。

いつもオシャレで美味しいものが好きなアドリエドンナのマダム

ご馳走さまでした。

昨夜はリトルトーキョーで開催の”硝子ナイト”にスタッフとともに参加。

 

というのも大好きな木村硝子店の社長が1日署長みたいにいて、美味しいお酒と会話が楽しめるのを

スタッフが教えてくれて、それは是非行かねば・・・と。

 

神楽坂プリュスでは木村硝子店のグラスをお取り扱いさせていただいており

私の木村硝子店とのおつきあいは四半世紀(長いですね)

また一緒に参加したスタッフは 日本仕事百貨で募集したご縁もあります。

取材をしていただいた並木さんは残念ながらいらっしゃらなかったのですが、日本仕事百貨のナカムラケンタさんはじめ

スタッフの方にたくさんお話しする時間をいただきました。

 

硝子ナイトのグラスはもちろん 木村硝子店のコンパクトシリーズ

薄い硝子は、冷たい飲み物を美味しく感じます。

ぜひみなさん この夏はこのグラスで美味しいビールを飲んでみてください。

 

プリュスの新人スタッフ達 

どんどん成長しています。

 

2月から加わったスタッフ達も3ヶ月が過ぎ、それぞれが自分の役割分担を把握して

リニューアルOPEに向けて仕事をこなしています。

夜7時  閉店の時間ですが、決まっってみんなが「あ〜今日も仕事が全部できなかった・・・」と。

やることが多くて、また新しい業務もどんどん出来て、つい出てしまう一言。

私は、その言葉を聞いてちょっと嬉しいです。

スタッフ同士、こんな風にしたらもっといいね!ってアイディアを話し合っていて

ゆえに仕事がどんどんできる・・ということなんです。

特にHPとネットショップのリニュール作業も同時進行で、大変だけど楽しい準備室的な毎日です。

 

 

私も今から会議です。

今日も1日頑張りましょう!

 

安田有吾くんが書いてくれた 神楽坂プリュス

毘沙門様の前にある 毘沙門せんべい 福屋

 

17代中村勘三郎さんがご贔屓にしていたお店

堅くて少し焦がしたおせんべいがお好みで、勘三郎さんのおこのみが商品化された

”勘三郎せんべい”など、江戸の味が楽しめます。

 

 

うす小月は軽いあられ

お茶請けにぴったり。

 

薫風吹く頃、神楽坂プリュスの新店舗が現店舗の隣の1FにOPENします。

内装工事も始まりました。

コンセプトは今まで通り、”普通の本物”

商店街のお店として 毎日の暮らしに必要なもの、あったらいいな〜と思うもの

作り手が見える素敵なプロダクトやフードを販売いたします。

 

2Fの現店舗は さらに楽しいワークショップや展示会・イベントを企画しております。

 6月から毎月第1日曜日は”いち” クラフト作家さんたちのマルシェを開催します。

 

 新しいお店に合わせて

ショップカードや名刺を書楽家 安田 有吾くんにお願いしました。

 

 

日本家屋の店舗なので、お店の入り口には のれん がかかります。

なので、名刺もそのテイストを入れた遊び心あるデザインにしました。

みなさん のれんをくぐって 遊びにいらしてくださいね。

 

 

 

今日は決算の棚卸し
15時閉店でスタッフ総出の棚卸し作業。
その中、有吾君と新しいお店の備品やオリジナルグッズの打合せ。
オープンまで、あと1ヶ月ちょっと。

素敵な有吾先生のグッズできます。
皆さんにちらっとでもお見せしたいぐらい素敵です。2周年記念の粗品も同時進行。

今までの資料から、有吾君とロケットさんの秘密のコラボ発見!



ま、秘密というか、有吾君デザインの包装紙にロケットさんにサラサラっと書いてもらった一枚。

いつか本当にコラボしたモノ作りしたいです。