> > プリュスの店舗体系とは

プリュスの店舗体系とは

プリュスの店舗体系とは
ショップ体系は少しユニークなのです。

お店の構成は3つあります。

1つめは雑貨や食品などプリュスのコンセプトで仕入れをする棚
私が中心となり、”普通の本物”で作る人の顔が見える品物をセレクトしています。

2つめは棚を1ヶ月間貸す(使用料を頂いて販売をプリュスが担当し、売上は100%出店社にお渡しする)これがかなりユニーク。
メーカーが販売のマーケティングをするのに利用したり、新商品のテストマーケティングや宣伝のために利用したりと目的は様々。
出店に際しては いろいろと商品やものづくりの背景などをお聞きし、目的にあった棚の展開等を話します。

食品メーカー・文具メーカー・地方自治体など 利用される方も幅広く、1ヶ月ごとに商品が変わるので、そこがまたお店の魅力となっています。

3つめはお店の前で1日限定のPOP-UP STOREという販売スタイル  
横浜のパン屋さん、オリーブオイル、キャンドル作家さんの作品の販売などいろいろです。
季節の良い時は毎日のようにPOOP-UP STOREやっています。
神楽坂を歩く方が足を止め、楽しそうに覗き込んでいます。

今日は宮城・木村商店さんが 牡蠣と椎茸のオリーブオイル漬けなどを販売しています。

先日書いたように 神楽坂プリュスは”出会い”を お待ちしております。