ホーム > 日々想うこと

日々想うこと

rss
神楽坂プリュスのコーディネーターである安が日々想うこと、仕事や仲間のこと
感じることなどを綴ります。

件数:42

共に働く
プリュスで働くってこと・・・


一見、普通の雑貨店ですが、ちょっと違います 。
神楽坂プリュスでは、ただものを売り買いするだけでなく、訪れていただいたお客様や出店者の皆様に
そのものの先にある価値を感じていただけるようなお店づくりをしています。

そして、お店のことは全て自分たちの手で行うのが基本です。
接客をはじめ、商品のバイイングや管理、コンテンツの企画、ネットショップ・ホームページの更新、写真撮影、
POPなどのデザインまわりまで、なんでもします。

各自の得意なことをベースに分担し、でもスタッフ全員がなんでもできるようにする。
日々の普通の会話の中からもアイデアが生まれ、それをさらに深く掘り下げて話し合い、形にする。
それがプリュスの日常です。

そんなお店だからこそ、指示や規則がとても少なく、スタッフ一人一人の考える力や提案力、行動力が重要です。
その分、いろいろなことに関われるチャンスがたくさんあるので、やる気のある方にはとてもおもしろい仕事だと思います。
また、仕事や職場にも相性があります。
無理して頑張るより、その人らしい働き方がプリュスに合っているという方がお互いにとって良いのではないかと思います。
難しそうに思える仕事も、センスや考え方が似ていれば意外とすんなりできるかもしれません。
まずは、どんな方法でも、お店を一度見てみてください。
そこで何かを感じていただけた方と、一緒に働けたら嬉しく思います。

薫風吹く頃、神楽坂プリュスの新店舗が現店舗の隣の1FにOPENします。

内装工事も始まりました。

コンセプトは今まで通り、”普通の本物”

商店街のお店として 毎日の暮らしに必要なもの、あったらいいな〜と思うもの

作り手が見える素敵なプロダクトやフードを販売いたします。

 

2Fの現店舗は さらに楽しいワークショップや展示会・イベントを企画しております。

 6月から毎月第1日曜日は”いち” クラフト作家さんたちのマルシェを開催します。

 

 新しいお店に合わせて

ショップカードや名刺を書楽家 安田 有吾くんにお願いしました。

 

 

日本家屋の店舗なので、お店の入り口には のれん がかかります。

なので、名刺もそのテイストを入れた遊び心あるデザインにしました。

みなさん のれんをくぐって 遊びにいらしてくださいね。